ちょいたし

沖縄もいいけど奄美もいいよ

とうふ屋さんが始めた食堂

 

f:id:cyoitashi:20180701204830j:image

 

どうも、かくをです。

今回は、おすすめの食堂を紹介したいと思います。

その食堂の名前は、

f:id:cyoitashi:20180701205557j:image

「島とうふ屋」さんです。

その名前の通り、高野食品という島の豆腐やさんが始められた食堂です。

 

 

 

 場所は奄美空港から国道58号線名瀬市内方面へ向かって車で約40分、龍郷町の中勝集落にあります。車を走らせていると左手に大きな看板が見えるのでそれが目印です。(当たり前ですけど、名瀬市内方面から笠利町方面に向かう方は右手に見えます(笑))

 

お店の駐車スペースに入ると、たくさんの車が(汗)

僕が行ったこの日は、日曜日というのもあったんですが観光客の姿も結構いる様子。

中に入ると店の中は満席。予約の名前を書いて待つことに。

 

島とうふ屋はどんな食堂?

豆腐やさんが始められた食堂なだけあり、豆腐ハンバーグ、豆腐ステーキ、麻婆豆腐など豆腐を使った料理を中心に、湯葉やおからなどを使った豆腐やさんならではのメニュー、それに加えて塩豚の煮物やうどんなどたくさんあります。

メニュー表とは別に、週替わりの定食メニューもあり、今週は夏野菜の豚みそ炒め定食。僕はこの夏野菜の豚みそ炒め定食を注文。

f:id:cyoitashi:20180701230515j:image

ご飯は、白飯か豆入りひじき飯か選べるとのことでしたが、僕は普通に白飯にしました。

 

待ってる間の楽しみ

なんと島とうふ屋さんでは、湯豆腐、豆乳、みきの無料サービスがあるんです。

f:id:cyoitashi:20180701215118j:image

豆腐やさんなので、湯豆腐、豆乳は分かりますが、何故みき(奄美特産の発酵食品)があるのかと言うと、実は高野食品さんは、みきも製造販売しているのです。

さっそく、みきを一口。お腹が空いているのも相まって「う・美味い‼︎」

 

10分くらいかな⁈

「お客さん多いし、多分時間かかるかもなぁ。」と思いながら待っていると、

「お待たせしましたぁ。」の声

時間を計っているわけではないので、実際の時間は分からないのですが、5分〜10分くらい。これを遅いと思うか早いと思うかは人それぞれだと思いますが、みきを飲んだりしながら待っていたのもあり、僕的には「早っ!」という感じでした。

 

f:id:cyoitashi:20180701230426j:image

「う・美味そう!」ぱくっ!「う・美味い‼︎」

一品一品が小さ目で、少なそうに見えたのですが品数が多くてすごいボリュームでした。

そして、美味しかったです。「ご馳走様でした‼︎」

 

帰りにレジの横にあった、湯葉ふりかけも買って帰りました。

f:id:cyoitashi:20180701231739j:image

 

まとめ

豆腐屋さんが作った、とうふ惣菜兼定食のお店

豆腐メインの料理が多くヘルシーで体にも良い

出来合いではなく手作り感が満載

手頃な値段ですごいボリューム

とってもおすすめなので、機会があれば皆さんもどうぞ‼︎