ちょいたし

沖縄もいいけど奄美もいいよ

世界自然遺産目指す奄美大島 ノネコの捕獲始まる

f:id:cyoitashi:20180722181340j:image

奄美大島ノネコ捕獲開始

環境省は17日から、奄美大島で野生化した猫ノネコの捕獲を始めた。山中に捕獲わなを設置し、月30匹の捕獲を目指す。捕獲したノネコは奄美大島ねこ対策協議会が管理する奄美ノネコセンターに一時収容し、1週間ほどで引き取り先が見つからない場合は安楽死させる。

国の担当者は、「希少動物(アマミノクロウサギやケナガネズミなど)を襲うノネコを捕獲して生態系の維持回復のため努力したい。」という。

 

問題の解決となるかは微妙⁈

この捕獲わなの設置の記事は、現在奄美 ノネコ」でネットで検索するとトップニュースで表示されます。

世界自然遺産登録へ向けた施策の一つだと考えられ、記事の多さからもこの問題が注目を集めているのが伺えます。

この問題、殺処分をやむを得ないと考えるのか。猫のTNR活動(不妊手術を行い戻す)が確実に繁殖制限に繋がるのか。など完全な問題解決には至っていません。どちらの意見も分かるような気はしますが。

 

世界自然遺産登録には意外と無関心⁈

このノネコ問題を始め、世界自然遺産への登録へ向けた取り組みについて、僕の日常生活の中で話題になる事はほとんどありません。ノネコ問題に関してはほぼ無く、僕が話をしても「へー。」とか「そうなんだ。」位の反応です。

ただ単に、僕や僕の回りの人が興味がないだけなのかもしれませんが、問題になっている事自体知らない人もいるし、ネットや新聞などでの情報が全然伝わっていないように感じます。

正直、僕自身もたまたまネットで見て知った情報で、ノネコと野良猫の違いさえ分からないし、以前問題になったマングースの件はどうなっているのだろう?というレベル。多分、大半の住民がこれくらいの認識しかないと思います。

 

自分達の住む、生活をしている島なのですが、世界自然遺産登録やノネコ問題に関しては、どこか他人事のようにとらえているのかもしれません。

世界自然遺産に登録されたらどうなるのか。

世界自然遺産の価値や意味が全く分からない。

これは、多分大半の住民が思っていることなのではないかと思います。(あくまでも個人的な意見ですが)

 

行政や自治体の方達、一部の人達だけが、その意味を知り素晴らしさを知り登録へ向けた活動。

しかし、住民が理解していない(と思う)現状で登録されても魅力的な場所として残っていくのは難しいと思います。

 

奄美大島・徳之島・沖縄島北部及び西表島
世界自然遺産に登録されるされない関係なしに素敵な場所です。

 

 

2018.8.29 追記

捕獲開始から1か月、8月17日現在

ノネコの捕獲数は、7月2匹、8月3匹の計5匹。うち4匹が島内外の譲渡先に引き取られ、残り1匹は収容されている奄美ノネコセンターで譲渡先を探しているとのこと。

 

2018.9.19 追記

捕獲開始から2か月、9月17日現在

捕獲数15匹。今のところ捕獲されたノネコは全て譲渡されているとの事です。